最近では就職活動において新卒はその年に卒業した人だけと限定しているところが少なくなっているのです。
最近では新卒での就職を行わない人もいる

就職における新卒扱いの範囲の拡大について

最近では就職活動を行っている学生を街中でも結構頻繁に見かけます。やはり就職活動を行っている学生を見ていると自分たちがそのような活動していた時のことを思い出すのです。しかし私たちの場合には新卒として採用されるケースがほとんどでしたよね。むしろ新卒でないとなかなか採用を出してくれるところも少なかったのです。そこで今回はそのようなことに関連した話をしていきたいと思います。まずは新卒採用に関してその次年度に卒業した人が対象となることが従来の形でした。しかし、今となってはその形は崩れているのです。今では第二新卒であったり、第三新卒などという精度を設けている会社があるのです。つまり卒業して3年目までは新卒扱いで採用試験を受けることができたり、2年目までは同様な扱いになるといった制度です。学生側からすればそれほど嬉しい制度はありません。しかしこれは逆に学生の安心感を見出してしまうかもしれないのです。

つまり新卒採用として就職できなくても、中には来年も新卒採用試験を受験することができるから何も焦ることはないと考える人もいるということなのです。そうなってくると、就職活動に対する変化に関しても意欲的な人と、そうでない人の差がとても開くのです。正直言って、就職活動の場合には一発勝負の方が学生としても意欲的な視線をしているように感じます。みなさんもそのようなことを考えながら、就職活動を行ってみましょう。できれば正規の新卒の年に内定をもらうことが理想なのです。
Copyright (C)2017最近では新卒での就職を行わない人もいる.All rights reserved.